女性

ボトックスなら副作用も調べる【注射の種類が異なる】

治療の仕組みと効果

背中

筋肉の動きを抑制する治療

ボトックス注射はボツリヌス菌が生み出すタンパク質の毒素である、ボツリヌストキシンを用いた治療になります。使用しても菌が感染して悪さをすることがないよう、精製されて製剤化しているため心配することはありません。治療に用いられるようになってきたのは1980年ごろからで実績がある方法であり、病気の治療だけでなく美容の分野でも多くの施術に使われるようになっています。注射で筋肉に注入を行うとその周りにある神経に取り込まれることで神経麻痺を起こさせる仕組みで、神経からの情報がブロックされることで筋肉の弛緩につながります。筋肉が過剰に緊張して起こる体の不具合や神経からの命令で体が不要な動きをしてしまうとき、緩和することに役立つのがボトックス注射です。美容の現場では小顔を目指すときや顔のしわをなくしたいときに使用されますが、医師の施術の仕方によって副作用が起きることがあります。顔が大きく見えてしまう原因がエラの発達による場合、かむときに使う筋肉咬筋に対してボトックスを注射します。うまく咬筋に注入できれば筋肉が弛緩してあまり使わなくなり細くなっていくことで徐々に小顔に近づきますが、副作用でかむことのだるさを感じることがあるでしょう。局所的に作用するボトックスですが、注入する量が多くなってしまうとその周辺にまで広がりを見せて影響が出てしまいます。おでこのしわを目立たなくしたいとき、注入する場所や量を医師が間違うと目を開けるために使用する筋肉まで弛緩して目を開けにくくなる副作用が出る恐れがあります。これまでおでこの筋肉を使って目を見開いていた人が施術を受けることで、おでこの筋肉を使わずに目を開ける際も違和感があるのが一般的です。しかし副作用として起こる症状は、まぶた自体にも成分が作用してしまい少しも開けられなくなってしまうでしょう。ボトックス注射による副作用は筋痛があって、筋肉が弛緩すると普段は使わない別の筋肉を使うようになることで起きます。施術前の準備としてこれらの副作用は前もって医師とよく話し合い、注入する部位や量についてカウンセリングを重ねれば避けることが可能です。実績が豊富な医師であれば、効果や副作用が起きる可能性がある施術方法についても知識があるため避けることができます。ボトックス注射を成功させるためにも、施術経験が豊富な医師がいるクリニックを探して申込ましょう。施術料金が安いところを選ぶのではなく、技術が高く評判が良い施術をする美容クリニックに申込をして、できれば医師も指名したほうが安心です。