女性

ボトックスなら副作用も調べる【注射の種類が異なる】

安全性が高い小顔の施術

カウンセリング

しっかりとした事前説明

ボツリヌス菌が抽出する、たんぱく質の特性を利用して、顔や二の腕などの気になるお肉を小さくするボトックスは、今、美容業界で注目を浴びています。生物が作り出す成分を利用するため、体への影響が少なく、安全に使用できることが人気の理由の一つとなっています。また、メスや糸を使用せず、気になる部分に注射するだけでよいため、傷跡や腫などの副作用がほとんどないことも、理由の一つとなっています。ボトックス注射で使用する製剤には、いくつかの種類がありますが、そのほとんどが、注射後、数週間ほどで効果を発揮しています。特に、顔のたるみやシワに注射することで、フェイスラインがスッキリしたという口コミが多くあり、たくさんの人が小顔効果を実感していることがわかります。使用する製剤によって、小顔効果の持続期間が若干異なりますが、ほとんどが三カ月から半年程度の効果を持続しているようです。そのほかに、小顔効果が期待できる美容法としては、糸によるリフトアップや、メスによる骨の切開法が挙げられます。どちらの場合も、麻酔を使用する処置を行うため、多少の時間がかかり、傷跡や腫れなどの副作用を気にする必要があります。しかし、骨格そのものに原因がある場合は、ダイレクトに効果が表れるため、大変効果的な美容法とも言えます。ボトックス注射は、気になる部分に、直接、注射をするだけで、たるみが消えフェイスラインがスッキリ見えることが最大のメリットです。また、これまでにも、顔面神経や脳神経内科の分野で、医療用としても安全に使用されており、副作用がなく、信頼性が高い美容方法とも言えます。どんなに痩せても顔が多く見えるなど、顔の大きさで悩んでいる人は、注射一本で済むボトックスを試すことをおすすめします。エラやシワが原因で、顔が大きく見える人におすすめなのがボトックス注射ですが、ほとんどの場合が自由診療となるため、施術の前によく説明を受けておくことが大切です。ボトックスによる小顔効果は、三カ月から半年程度、持続することが一般的ですが、効果を持続するためには、継続して注射することが必要です。そのため、一回の注射の料金や、年に何回打つべきかを考慮しておき、無理のない範囲で、計画的に施術を受けることが大切です。ボトックス注射は、美容クリニックで打つことができますが、病院を選ぶ際は、副作用や効果の持続期間をしっかり説明してくれる病院を探すことが大切です。一応、副作用がないと言われていますが、万が一、腫れなどの副作用が起きた場合は、どのような対処をしてくれるかを聞いておくと安心できます。また、長い期間、小顔効果を実感するためには、注射を繰り返すことが前提であるため、料金の情報をオープンにしている病院だと安心できます。